無料ブログ作成サービス JUGEM

みかみにメールはこちらにどうぞ。    携帯メルマガはこちらをどうぞ  


【化学怯藹販売中!!】

【みかみの炎化学DVD購入はこちら】

【化学DVDレンタルはこちら】 【数学DVDレンタルはこちら】

【みかみ推薦の他教科のDVD購入はこちら】





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
集団≠自分
以前、僕が会社にいたとき、ただの会社の一員であったにも関わらず、会社=自分のような錯覚を持っていた。

僕がいた会社は地元では大きい会社で有名だった。

だから、誰かに「どこの会社にお勤めですか?」って聞かれると、そのあとに「すごいんですね。」って言われることが多かった。

でも、それは僕らの会社が大きいのであって、別に僕が大きいわけではなかった。

会社で英語を習っていたときに、自分の会社を英語で説明させられることが多かった。

間違えて、「MY COMPANY IS 〜」とかやってると、必ず外人の先生に

「本当にあなたが所有している会社なの?????」

って聞き返されていた。

あっ、「OUR COMPANY IS 〜」

ってあわててやり直したことが何度もある。

日本人ってそういう風な価値観を持っているような気がする。


僕らはよく他人、例えば知り合いのブランドや組織の名前でいばってしまうことが多い。

もちろん、それはそれでいいと思うがそれは個人の実力ではないことは忘れないでおきたい。



例えば、日本は世界の中では今でも屈指の経済的実力を持っている。

だから、日本人ってだけで、なんだか他のアジアの人たちよりえらい気がしてしまう。

そしてお金のない貧しい国の人たちは、僕らにペコペコして「お金をちょーだい。」って言ってくる。

フィリピンなんかは、お金を稼ぐために10人に一人は海外に出稼ぎに出ている。

おそらくほとんどの人はお金がないばっかりに海外でものすごい苦労をしてるんじゃないかな。

でも、それはそれまでの国の歴史や、たまたまの話であって、今、偶然にお金を持ってる日本人がえらいってわけではないと思う。

じゃあ、ある貧しい日本人と、あるお金持ちのフィリピン人はどっちがどうなの?

ってことまで考えたくなる。


お金をたくさん持ってる方がえらい気がするのは、いつのまにか誰にか洗脳されてしまっていて、どうしてそういう気がするのかはもうわからないが、それでもその集団=個人ではないと僕は思うのだ。


だから、集団をいばるより個人をいばれる人間になりたいと僕は思う。

会社だっておんなじだ。

会社の中で仕事の能力は全員同じじゃない。

優秀な人が、できの悪い人を助けながらやっている。

それで会社の平均が出ていると思う。


だから、だから思う。

日本がどんどん不況になるから、それに合わせて行動を考えるんじゃなくて、

お金がないから、節約しようってんじゃなくて、

点が足りないから、行ける大学にしようってんじゃなくて、



日本で一番目指したらいいと思うし、

お金を集める方法を必死で考えたらいいと思うし。

点を足りるようにすればいいんじゃないかって。



どうせなら、全力で生きたいと思いませんか?

中途半端で楽しいですか?

周りにあわせるのもいいですが、周りから出る方法もあるかもしれません。





天動説の人々が考えていたように、地球って外側は滝になっているのでしょうか?


記録を狙いたい。

あー、記録を狙いたい。

記録だ。

記録だ。


早く記録を持ってこい。


…そいつに挑戦だ!
| ミカミーヌ | コラム | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: